パワハラ問題に強い!原一探偵事務所とは

パワハラに関して、大きな誤解をされている方が多いのですが、
いざとなったら、労働基準監督署に訴え出ればなんとかしてくれるとお思いではないでしょうか。
この機関は確かに労働基準法に基づいて労働者の権利を守ってくれ、
未払い給料などを支払い、不当な経営者に対して、注意、勧告などをしていく機関ですが、
労働基準監督署は、パワハラに関しては、まったく法的拘束力を持っていないので、介入できないのです。

 

ですから、実際に我慢の限界に達して、やっとの思いで相談窓口に問い合わせたのに、
まったく相手にしてくれなかった、と失望して、ますますパワハラに甘んじていって、
退職まで追い込まれてしまうかもしれません。
そんなときには、パワハラの専門家、原一探偵事務所まで相談してみましょう。

 

探偵社というと、浮気調査とか、信用調査、行方不明、家出人の捜索などをしている機関だと思われていますが、
実際のところ、その業務の幅は広く、とくにこの原一では、パワハラに対する対処法、蓄積されたノウハウを持っています。
なによりもパワハラに関して、沢山の案件に対応してきていますので、
どのようにして証拠集めをしたら良いか、もしくは具体的な裁判のアドバイスなどもしてくれます。

 

公的機関や会社の内部機関は、自分側に立ってくれることは実際には少ないものです。
また、会社内ですと、どうしても社風やその会社独自の考えがあり、
それらに感化されて客観的な判断ができなくなるものです。
そんなときに、客観的な判断やアドバイスをしてくれる経験豊富な専門家がいるということは、
あなたにとって大きなプラスになることは間違いないのです。

 

特にパワハラ裁判などで、多くの案件を扱ったことのある原一探偵事務所なら、
あなたの立場に立って、一緒にパワハラ問題を解決してくれる優れたパートナーになってくれることでしょう。

 

精神的にダメージを受けたり、休職を余儀なくされたり、そのまま泣き寝入りするのは大きな損失です。
自分の正当性を認めて貰えるまで戦う、パワハラに立ち向かえる強さを持つには、良い参謀役が必要なのです。